多汗症は体質遺伝するのか?

多汗症と遺伝について

多汗症になる原因とは?

尋常ではない量の汗をかくという症状が出る多汗症ですが、遺伝するのか心配する人が少なくありません。ここでは多汗症と遺伝の関係について触れていくことにします。まず、遺伝との関係を知りたい人の多くは子供がいる人です。自分自身が多汗症であることから子供も同じ悩みを持つようになるのではないかと不安に感じている人がいるのです。

 

全てのことが明確になっているわけではありませんが、絶対に遺伝するわけではないという見解が示されています。また、遺伝する場合に関しては原因がはっきりと分からない種類の多汗症、原発性多汗症の可能性が高いといわれています。なお、仮に遺伝した場合でも、仕方がないと諦める必要はないでしょう。というのも、多汗症には治療方法がいろいろとあるからです。

 

永続的に治療する必要はあるものの、薬を使用したり注射を打ったりすることにより発汗を抑える効果は十分に期待できます。また、大幅な改善効果を得たい場合には手術を受けるという選択肢もあるでしょう。

 

その他、多汗症というのは精神的な部分が原因で起こることが多いのが特徴の病気です。そのため、緊張しやすい性格など子供が似た場合には症状が発生しやすくなるかもしれません。また、多感な時期になると精神的に不安定になるため、多汗症の症状が起こることがあります。
自分が多汗症だと遺伝したと思うかもしれませんが、時期的なもので自然と回復するケースも少なくありませんので神経質にならないようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ